自然エネルギーを利用するメリットと普及への課題

太陽光を活用した発電 化石燃料の燃焼などで発生するCO2の増加が地球温暖化の主な原因とされるなか、CO2などの温室効果ガスを極力排出しないエネルギー供給源、すなわち自然エネルギーの利用が注目されるようになりました。

また世界各国で原子力発電に反対する人々が増えたこと、特に日本を襲った3.11大震災に伴う福島原子力発電所の事故以降は、原子力に変わるエネルギー供給源として、今まで以上に自然エネルギーを利用していこうという動きを後押しすることになりました。

自然エネルギーが化石燃料に優る大きな点は「無尽蔵なエネルギー」ということです。太陽、地熱、風力、潮の満干を利用したエネルギー供給は人間が地球や太陽が存在する限り、利用することができます。そして人間が使用した瞬間には新たな生まれて、供給され続けます。自然に生まれて、自然に消えるというのが自然エネルギーの本質で、まさに再生可能エネルギーなのです。

自然の力をエネルギーに転換する際にはコストが発生しますが、太陽光も風も水もエネルギー自体は無料です。初期のインフラ整備などにはそれなりのコストがかかるため、現在でも自然エネルギーによる発電や燃料生産のコストは石炭や石油、原子力に比べて割高ですが、規模の拡大や部品の量産化、法律の整備(固定価格買取制度など)などによって徐々に下がっていくことでしょう。

発電機器や装置の製造にはCO2の排出が伴いますが、一旦発電してしまえば、基本的にCO2の排出はゼロになります。先の大震災に伴う原子力発電所の事故などとは異なり、自然エネルギーの場合は大災害で設備に破損や倒壊が生じたとしても有害物質が排出されることも無いため、人体や環境にも影響を及ぼさないという天も大きなメリットです。

ただし、自然エネルギーを大量に導入すれば日本が抱えるエネルギー問題のすべてが解決するわけではありません。というのも自然エネルギーの大半は、電気エネルギーしか生み出すことができないからです。国内で必要なエネルギーは電気だけではないのです。現段階の技術では飛行機を電気で飛ばすことは無理ですし、自動車もほとんどがガソリンと経由で動きます。電気とほぼ等しい量の輸送用燃料を消費していますし、石油製品の原料になる産業用石油製品も多く必要です。

(c) 2013 cgc-japan.com All Rights Reserved.